茶器の素材で香りが変わる

茶器とは広い意味で言えばお茶を淹れるものです。品質により様々な茶器が出回っていますね。実はその茶器がなにから作られているかという素材によってお茶の味や香りが変化するといわれています。

土を使用した茶器の場合を見てみると、その土に含まれているミネラルにより味が変化するという特徴があることがわかります。

また、一般的な日本茶にはアミノ酸が多く含まれています。そのアミノ酸が酸化するとなんとも独特な甘い香りを作り出すのですが、その香りがあまり万人受けしないのです。ですので、その香りを抑えてあげる事ができるような土を使用した茶器を用いてあげれば飲みやすく、好みの香りにしてあげることが可能になるのです。

どのような種類のお茶を飲むのか、また、どのような香りが好みなのかを知ることによって茶器を使い分けてあげると、好みのお茶を楽しむことが出来るでしょう。